エステ用語集


エステ用語集 か行

海草エキス
海草から取れるエキスのこと。ミネラル分を多く含み、ビタミン・アミノ酸類などが含まれていることから化粧品や育毛剤などに使用されている。
角質層
真皮層を覆う表皮の最上層としてある細胞の層のこと。
カウンセリング
主にトリートメントの前行われるクライアントとエステティシャンとの話し合いの時間。一人ひとりの肌や体型の悩みを明らかにした後、その日ベストと思われるトリートメントのプレゼンテーションが行われる。同時にクライアントの緊張をほぐし、互いが円(税抜価格)滑にトリートメントに取り組むためのコミュニケーションツールにもなる。
カッピング
吸玉療法とも呼ばれる伝統的な民間療法の一種。ガラス製やプラスチック製のカップ状の器具を、機械や火を使って、カップ内を真空に近い状態にし皮膚に吸着させ使用する。主に血行促進、筋肉のコリの治療として行われる。
カップルズルーム
カップルで行きたい人向けの個室。店舗によっては設けられてないところもあるので、利用する場合は事前確認を。
韓国式エステ
主に韓国のエステは体の中にたまっている疲れや汚れを体外に出すことを行う。

キャリアオイル
主にアロマテラピーなどで使用する、実や種から抽出されるオイルのこと。精油の希釈に使用されることが多い。

クレンジング
汚れを落とすことの意。または化粧を落とす、クレンジングクリームやクレンジングオイルなどの総称。
クリームバス
フルーツや植物などから作られた天然成分由来のクリームを使って頭皮や肩、腕のトリートメントを行う、インドネシアの民間療法。力強いマッサージと香りの良さで日本でも一躍ブームに。

ゲルマニウム
炭素族元素の一。金属と非金属の中間に位置するもの。身に付けると血行促進や免疫力がつくなどから治療器具としても使われている。
ケミカルピーリング
アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布することにより、代謝の悪くなった角質層を剥がす治療方法のこと。

高周波エステ
皮膚や脂肪の奥深くまで働きかける電気の力で、細胞を活性化させて熱エネルギーを発生させる美容マシン。体の奥深くから体温を上げていき、3~5℃、局所的に7℃まで上げられることができるため、代謝促進や脂肪燃焼目的で利用される
コラーゲン
動物の結合組織の主成分で、骨・腱・皮膚などに多く含まれる繊維状の硬たんぱく質のこと。化粧品や医療品などに用いられることが多い。
高気圧酸素カプセル
通常より多い酸素を体の細胞に触れさせることで、細胞を活性化させるというもの。
ゴマージュ
小さな粒子を肌の上で転がすことで、不要な角質を取り去るスキンケア製品やその方法のこと。「スクラブ」と同義。

エミール感謝キャンペーン

サロン店舗のご案内

  • 心斎橋店
  • 上本町店
  • 駒川店

営業日カレンダー

当サロンの店休日は下記の通りとさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さいますようにお願い申し上げます。

※2月3日は心斎橋店のみ休店
※2月10日は上本町店のみ休店

関連サイト



このページの上まで戻る